動画広告の基本的な考えをご紹介します

douga seisaku .com

動画広告の基本

ビデオカメラ

最初の3秒が重要

宣伝のため動画制作するときに意識するべきことは、最初でいかに目を引かせるかということです。いくら内容が良くても、最初で視聴者を引き付けられなければ、視聴者はすぐに他の動画に切り替えてしまいます。そのため最初の3秒間におけるインパクトが大切になってくるのです。

リンクを常に表示させる

動画を視聴する時には商品ページに誘導させたかったり、企業を知ってもらいたいという目的があると思います。動画を見て気になった方が、すぐ詳細のページに飛ぶことができるのかということが大切なのです。リンクの場所が分かりにくいことによって、興味があってもアクセスまではしなかったという事になってしまいます。

動画の最後にも誘導ページを

動画が終了した時は、誘導サイトや次の動画が表示されている必要があります。誘導するリンクが準備されていないことで、視聴者はすぐにそのページを離れてしまうのです。ユーザーがどうしたらページをクリックしてくれるのかを考えることが大切になります。

テロップを付ける

動画にテロップを付けることで、視聴者の理解力を上げることができるでしょう。どんなに内容にこだわりを持っていたとしても、視聴者に内容が伝わらなければ意味がありません。視聴者が音声をOFFにしているような状態であっても、動画を見るだけで理解できるように動画制作を行いましょう。

スキップ機能をつけること

動画を視聴している時に、スキップ機能があると思いますが、それをつけることをおススメします。スキップ機能を付けることによって動画を見てもらうことはできませんが、無駄な広告の費用を抑えることができるのです。スキップ機能をつけると、視聴者と広告を出している企業の双方にとって良いこととなります。大阪の業者に広告を依頼する時には、そのような点もきちんと考慮してもらう必要があるのです。